サバ(サバ州)

「サバ」(サバ州)です。サバ州の見所とそこに進出している日本企業等についての情報を紹介します。

サバ州は東マレーシアの州です。ボルネオ島という大きな島の中にあります。西のマレーシアに比べると東マレーシアはより自然に囲まれた場所です。島のほとんどはジャングルに覆われています。豊かな自然に囲まれたこのサバは高級リゾート地帯としても知られています。

*サバの紹介:豊かな自然が何よりの見どころ!
①ジャングルの住人たち
以前に日本の旭山動物園に行った時にオランウータンを見かけた事がありました。仕草が人間に似ていてとてもおかしかったのですが、ふと生息地を見ますとなんと「マレーシア」と書かれていました。マレーシアで本物のオランウータンを見たことがなかったので”そうだったのか”と大変驚いた記憶があります。このオランウータンが住んでいるのがボルネオ島(東マレーシア)なんです。ジャングルの中にはオランウータン以外にも様々な動物たちが住んでいます。このジャングルを探索するエコツアーもあり観光客に人気のようです。

②海も魅力的!
サバの海は大変綺麗です。景観の良さもあり海岸線には高級リゾートホテルやゴルフ場などが多く存在しています。サバ州にあるシバダン島やマーブル島はダイビングスポットとしても有名で世界中から愛好家たちが訪れています。

③キナバル山
ボルネオ島にはなんと4096mというキナバル山が存在します。東南アジア最高峰の山です。山麓のジャングルを楽しみつつ、アジア屈指の高峰を登山するツアーが有名なようです。初めての方でもガイドが付いてくれますし、登山の難度も決して高くないので比較的容易に登ることができます。
※資料によれば山麓の森には6000種以上の植物と100種以上の哺乳類が確認されているのだそうです。ジャングルはすごいですね。

*サバ州の日本企業進出状況
サバ州に進出している企業数は現在のところ6社です。林業が中心としてサバの資源を活用した企業が多い様です。現在ではサバ州の中心都市コタキナバルで商業施設の建設が進んでおり今後さらに多くの日本企業の進出が見込まれています。

*サバ州に進出している主な企業紹介
「ヤンマー株式会社」
2008年1月からヤンマー株式会社はサバ州に「yanmar kotakinabalu R&D center」を開設し、サバ州で採れるパーム油などのバイオディーゼル燃料の研究を行っています。

サパ州